2013年5月17日金曜日

模索Ⅱ。


先日のブログで、これからの音楽の方向性模索状態、と書いた。で、あれこれ考えていたら、私が16才の時に開催したリサイタル後に、現代ギター社からリサイタル開催後の感想や音楽観、何でも良いので「リサイタルによせて」みたいなタイトルで書いてほしいと依頼があったことを思い出した。

その時の文章の中に「私はクラシックを中心にジャズやロック、民族音楽色んなジャンルの音楽が好きです。これからは既成の音楽の枠を超えた所で表現していきたい。」(一部省略)と書いていた。

その言葉にハッとさせられ、16才の時の私に何か教えられたような気がしたのです。

でもきっとこれを見ている方々は16才で生意気な、とか若いね~なんて思われる方がいらっしゃるのかもしれませんけど。(苦笑)ただ、やみくもにそんな事は言っているわけではないので、一応その時のプログラムをご紹介しておきますね。

 (一部)                    
                              
 
 1.大序曲            ・・・ ジュリアーニ                       
 
 2.ファンタジー         ・・・ ヴァイス                    
 3.シャコンヌ           ・・・ バッハ          
 4.舞踏礼賛           ・・・ ブローウェル        
 5.魔笛の主題による変奏曲 ・・・ ソル  
 6.グラン・ソロ                          ・・・ソル           

(二部)
1.5つのプレリュード No. 1~5 ・・・ ヴィラ=ロボス
2.アラビア風奇想曲        ・・・ タレガ            
3.アルハンブラの想い出      ・・・ タレガ
4.トリーハ、マドローニョス    ・・・ トローバ 
5.ソナチネ              ・・・ トローバ
6.歌と部曲No.1          ・・・ ピポー

この時には200人のホールが満席、立見になりました。プロフィールにはないのですが、中学3年生のときにも小さいですが、50人くらいのリサイタルを開いていて、その時にはテデスコのソナタやブリテンのノクターナルなんかも弾いています。バロック、古典、ロマン派、近代、現代とやっているのがギタリストだったらわかりますよね。

まだまだ未熟ではあったのかもしれませんが、ただ録音を聴くと、全曲もちろん暗譜、ノーミスで弾いています。(ギターソロは基本的に暗譜、そして繊細な楽器なのでアクシデントの起こりやすい楽器なのです。プロのリサイタルでもちょっとしたミスは結構あるものです。)ちゃんとやる事をやって「既成の音楽の枠を超えたところで表現したい。」と言っているのです。

これは何も自慢をしているわけではなく、例えば16才という年齢で、中級クラスの曲をちょこちょこっとやって、同じ事を言ったら滑稽ですよね。だから誤解ないように説明させてもらっているのです。仕事上、立場上、誤解されたら本気で困るので。。。

ブログというのは、活動のお知らせだったり、読者に何か有益な情報を伝えたり、そんな役目がありますが、他に自分自身の確認の場でもあったりするのではないかな。

書いていくうちに、模索していることが段々わかってくるというか・・・ただ既成の音楽の枠を超えたところで表現といっても、その頃の私は何を考えてそう言ったのか、作曲するつもりだったのかわらないけど、今のところ作曲はするつもりはないかな。。。しようと思ってもそう簡単に出来るものでもないしねっ。

でも今後のヒントになったのは確かです。