2016年3月29日火曜日

桜と桜島。


先日、東京のある偉大なギタリストからご本人演奏のCDが3枚送られてきた。

ここのところよくそのCDを聴いているのだけど、世の中にはまだまだ知られていない名曲があるんだなぁとしみじみ思いながら楽しんでいます。

しかしそれより素晴らしいと思っているのは演奏家のクォリティー。同じ曲でも演奏そのものが良いからこそ音楽っていいなと再確認出来ている。

私もこの先輩ギタリストのようになりたい。心の師匠と今後呼ばせてもらおうかな(笑)。

それにしても私は聴くことも大好き。そして同時に舞台の上に立ってこそ、教室で熱く教えてこそ、自分自身が生き返るし、自分でいられる・・・そんな事を改めて痛切に感じています。

演奏、教授活動ともに、音楽ってほんとに、ああ、いいなぁと、シンプルなことだけど、そう思ってもらえるように、そんな風に思ってもらえたら本望だなぁ。。。ただの顕示欲の排出ではなくてね。

桜が舞台で咲かせる演奏の華だったら、桜島はいつでも生徒の皆さんを力強く見守ってあげられるようなそんな存在かなぁ。