2016年3月26日土曜日

CDと電子書籍。


 
春は別れや出会い、環境の変化、冬の疲れ、気温のアップダウンが激しく、心がそれについていけない時があります。
 
ここ最近、嬉しいのか哀しいのかよくわからない様々な感情が入り乱れたなんともやりきれないような気持ちが込み上げてきて、はらはらと涙がこぼれてくるのですよね。。。
 
今日もまた素敵な出会いがありました。心根の優しいご夫妻に感謝します。とても親切にして頂いた。
 
いつもの自分ならそのまま帰るのだけど、遠回りして一つまた良い発見をしました。
 
すっぽりと収まる感じだったんですよね。その時に思ったことがあります。
 
いえ、大したことじゃないのです。くだんの投稿に私のモットーは「最後の最後まで諦めない。」と書いたのですけど、今日もそれを実行してみたんです。
 
その時に気付きました。人はよく諦めずに、という言葉を使うけれど、諦めないということはもっと具体的に言うと「心が折れそうな時に歯を食いしばってまた一つ上の階段を上るということ。」本当に当たり前すぎて笑えそうなんですけど、この段階を進むとその向こうに必ず良い事が待っているように最近いつもにも増して感じるんです。
 
私は時々走るのですが、もうこれ以上駄目だ、と思う場所で一歩前に足を踏み出すようにしている。そうすると「これがああ、あのナチュラル・ハイというもの?」と思うような心地良さが全身を駆け巡るんですよね。そしてその後はその勢いに乗っていくらでも走れるような気分になる。そんな感じにも似ています。
 
今日はお邪魔させて頂いたご夫妻のところへ行ったから、それに気付いたし、気づかされました。きっと気付くように仕向けてくださったのかもしれない。奥深い方達だ。
 
そしてまた今夜も嬉しいのか哀しいのかわからない涙がポロポロとこぼれ落ちました。
 
胸が詰まるし心が震えてどうしようもないのだけど、これもまた春という季節のせいにしてしまおうか。