2016年4月24日日曜日

みやまコンセール、ミニコンサートは無事終了しました。



みやまコンセール、ミニコンサートは久しぶりの晴天、平穏な日に恵まれて無事終了しました。

今回もモダンギター(現代のクラシックギター)と19世紀ギター、2台を使用して演奏しました。

選曲にもよると思うのですが、想像通り19世紀ギターの評判がとても良かったです。現代のクラシックギターは、コンサートホールの発達を通して音量を増す為に改良されたものですが、これはこれで、だからこそヴァイオリンやフルート、歌などとのアンサンブルが可能であり、またボサノバなどのブラジル音楽を楽しむ事が出来るので、使い分けると良いですよね。

現代のクラシックギターに伴い技術、音楽的な面も発達しましたので、このギターでなければ表現出来ない曲も数えきれないくらい多く存在します。

ついでなので、補足しておくと19世紀ギターの製作技法はアメリカのスティール・ギターやエレキ・ギターに多くの関連性が見られます。

               
            
またソプラノの手塚洋子さんとは、バッハ/グノーのアヴェ・マリアをギター伴奏で演奏。                       
 
ここのところ落ち着かない日々でしたが、聴衆の皆さん、私自身、文化専門員の先生方も皆さん笑顔で穏やかな時間を過ごしました。
             
 
 

2016年4月16日土曜日

月日の経つ面白さ。




一般の皆さんには「スペイン」で有名なチック・コリア。

昔はキーボード奏者フュージョンの要素が強かったけど、今こんなモダン・ジャズを演奏するようになったというのは驚きだ。

私は今のほうが好みだ。モダンな中にも、若いころにフュージョン、ロック、フリーを消化してきたことがこの演奏の中に凝縮されている感じがする。

だから例えば同じモダンでも、昔のジャズ喫茶で流れてたようなものとは一線を画している。

どちらが良いとかそのような事ではなく、どちらも良い。例えばビル・エヴァンスのように。

しかしこのような演奏を聴くと、歳を重ねるということは良いことだなと思う。

2016年4月9日土曜日

音楽。



今日も良い事が沢山ありました。

春は別れの季節でもあるけど、新しいことの始まりでもありますよね。

一つは生徒さんの成長を愛おしいと思ったこと。
一本の確認の電話。
新しい先生との会話。
元生徒さんのご厚意。
桜が綺麗だったこと。。。

日常のほんの些細なことだけど、思わずふっと笑みがこぼれる、そんな事の積み重ねで一日一日が幸せだと思うのかな・・・って思う日でした。それもこれも音楽が引き合わせてくれたことなのですよね。


2016年4月1日金曜日

コーヒーとブラジル音楽。

 

4月からクラシックギターに合わせて「ボサノバギター」のクラスを併設します!

ブラジル音楽は元々その歴史からヨーロッパの室内音楽とアフリカのリズムが融合したものですので、クラシックの奏者にとってそう遠くはない音楽なのです。

今までもブラジル人ミュージシャンのマスタークラス受講歴は、E.ジスモンチ、M.タルデリ、J.リラ、ヤマンドゥ・コスタ、カルテット「マホガニー」のメンバー等々・・・ブラジルに行かなくともそれなりに吸収してきましたので、ボサノバでなくてもヴィラ=ロボスなどブラジル音楽全般やりたい方は是非!!

ご興味のある方はお気軽にお問合せくださいね。「私は紅茶のほうが好きだわ。」という方も♪

ボサノバギターではクラシックギターが一般的に使用されますが、お持ちでない方はアコースティックギターでもレッスン可能ですよ☆彡

無料体験レッスン  ファミリースクール www.fiihome.com/