2013年6月22日土曜日

La Vie en Rose BonbonⅡ。


私はフランス語のLa Vie という言葉が好きだ。英語のLife、だともう少しカジュアルな響きになるし、日本語の人生、となると何だか重々しい感じに聴こえる。

それが人生さ。というのはフランスでの決まり文句。楽しくも悲しくも聴こえる、憂いがあって尚且つそこに輝きを放っている。そう、「それが人生さ。」"C'est la vie."。大人にならないとわからないニュアンスですよね。フランス人の好きな哲学的な響きにも聴こえる。

Bonbon というのは京都のおぼっちゃんではなくって(笑)、昔ウィスキーボンボンてあったけど、今は色んなフルーツやナッツを詰め込んでチョコレートでコーティングしたお菓子だ。

ボンボンていう響きも可愛いし、チョコレートの中に色んなものを詰め込んでることが、子供たちのあらゆる可能性を詰め込んだ夢のお菓子みたいで、子供を連想させる。

その大人と子供の間に、Rose というバラ色という言葉で結びついているのが、何となくいいなと思ったわけで。ゲンズブールのヒット曲「夢見るシャソン人形」の歌詞の一節なのだけど、特にこの曲が好きで、このフレーズを使ったわけでないのだね。

フランス語は昔ヨーロッパの貴族の公用語だったそうだけど、今でもその名残があって、ヨーロッパをあちこち講習会や演奏旅行で旅をすると英語よりフランス語のほうが通じたりするものでした。

ポルトガルで大使館関係者のお宅でティータイムコンサートをした折に、急に王族の方の主催でリサイタルをやりませんか、と言う話しになり、その方のお屋敷に昼食を兼ねて打ち合わせに招かれたことがある。その時に、大分長い間話していなかったフランス語でコミュニケーションすることになったのだけど、冷や汗ものだったのは、その王族の方がフランス語で哲学の話しを始めた時だった。

一瞬、冷っとしたのだけど、幸い高校生の頃に哲学関係の本を読んでいたので遠い昔の記憶を辿って、なんとか会食は無事終了。その時フランス語で哲学の話しをしたことで気に入って頂いて、教会でのリサイタルはこれ以上ないというくらい良くして頂きました。

その方の良いリサイタルにしたいという想いとお客様、そして私の想いが全部一致して素晴らしいものになったのでした。フランス語でとても得をしたというお話しですね。

輝きの "C'est La Vie." なのでした。。。 

2013年6月14日金曜日

La vie en rose bonbon Ⅰ。


先日、ある媒体にフランス語について書く機会があり、「語学と音楽には密接な関係があって、ヨーロッパの言語は子音が立っている為、息のスピードが速く、音程やアーティキュレーションなど西洋音楽のアプローチと共通している。」というような事を書いた。

それは20代の頃、ヨーロッパに留学して音楽耳で語学の習得をした結果、自分で見出したロジックだったのだけど、最近読んだ語学学校の老舗「アテネ・フランセ」のテキストの中で、講師の方が同じことをおっしゃっているのを発見したのです。

「フランス語学習のコツとは、フランス語固有の音と、リズムやメロディーとを体得することにつきます。」

「発音などは通じればよい、という態度の人の学習は、必ず伸び悩みます。」とも。

そういえば、イギリスに行った時、イタリアやスペインに行った時も、その国の言葉の持つ、特有の発音やリズムや音程などを、常に本能的に音楽を聴くように覚えていました。

それを自分の中だけで今まで思っていたのですが、アテネ・フランセのテキストを監修している先生が同じ事をおっしゃっていたことが、とても嬉しく思えたのです。一見何となく誰でも思いがちのことを、こういう方が言い切ってくださると、何だかスッキリ!します。

音楽を学ぶように語学を習得する、当たり前のようですけど、これって楽しそうですよね!



 


2013年6月11日火曜日

スロージョギングⅢ。


毎日、毎日ムキになって体を鍛えている。今日も体が痛くて我慢が出来ずに痛み止めを飲み(体に悪いので止めようと思うのだけど。)、練習以外に何か出来ることを、と本を読んだりしてみるが、痛みで集中出来ない。

こんなに毎日転げまわっていても焦るばかりなので、重い腰を上げて例のスロージョギングを。痛いところに鍛えたら尚更と思いがちだが、私の場合はこれは今の状態に合っているのか、その後の体の調子は少し軽くなるようだ。

こんなことを書いたら仕事を頼みづらくなるだろうと思って、仕事の為には本当は書かないほうがいいのかもしれないが、ブログに書くということは、「私は頑張る。」ということを公言する事になるので、自分を追い込む為にあえて書くというポジティヴな発想なのです。

やる気は物凄くあるのに、体が思うようにいかないのは何とももどかしいものだ。それはきっと、同じ思いをした人にしか分らないと思う。

でもいいのだ。自分で切り開いていくのです。そしてメラメラと燃えている体の中に渦巻いている情熱を、鍛えて鍛えて鍛え抜いていつの日か全開で放出するのだー!!

はぁ~暑苦しい文章になったねぇ~。

2013年6月5日水曜日

スロージョギングⅡ


スロージョギングを始めて1週間くらいになる。今までもっぱらウォーキングだったので、ジョギングはとてもじゃないけど、と思っていた。しかし、スロージョギングだとまた別物みたい。

最初はたった15分でもへとへとだったのが、2回目は25分、今日はあっという間に35分続いた。
もちろん、上半身の筋トレも欠かさないが、太ももを鍛えると上半身も自然と鍛えられていくというのが、ちょっとだけわかるような気がした。我慢できないような左半身の痛みが軽減されたように思うのは気のせいか・・・?

しばらく続けてみたら、きっとその成果がわかるだろう。。。

ウォーキングが脳の活性化に良いというのは昔から言われていることだけど、スローウォーキングは足裏への刺激がもう少しあるのか、快のホルモンが軽いトランス状態を作り出すような感覚もあるのかな。妙に心地よいのだ。

今まで、痛くなってはシップと鎮痛剤、痛くなってはマッサージに整体と繰り返してきたけど、良くなるのは一時的。考え方を変えて、弱った、または痛めた筋肉を、鍛えることで痛みがなくなるのではと思い日々がんばっています。もちろん、夜寝る前と朝起きた時のストレッチも欠かせません!

また時々、スロージョギングの経過報告しますね☆

2013年6月1日土曜日

バロックⅡ


私が何でバッハが好きなのかは父の影響で、で父は何でバロックが好きだったんだか想像してみた。いや、それがおそらくもう55年ほど前だと思われる一枚の写真がある。

それには父のギターと父の従弟のなんとヴィオラ・ダ・ガンバの二人のデュオが写っている。戦後10年後くらいの写真だ。こんな時代によく鹿児島のような田舎にガンバがあったものだ。最初に見つけた時は驚いてしまって、本当にガンバかどうか入念に調べてみたが、本当にそうだ。

どうやって入手したのかご本人に聞いてみたいところだが、昔私が子供の頃、その従弟の方が何度か家にいらした事があるけど、今はどこにいるのだろうか・・・。その頃の鹿児島の音楽事情がどうだったのかわからないが、その方は東京の大学に行っていたので、もしかしたら東京から持ち帰ってきたのだろうか?

で、結局何が言いたいかというと、ガンバと一緒に演奏していたということがきっかけでバロック好きになったのかなぁ~と思ったわけです。どちらが先かわからないけど。

バロックⅠ。


昨日は、2年前からリコーダーを始めたというグラフィックデザイナーの友人のところへ行ってきた。

お互いルネッサンス~バロック期の楽譜を持ち寄って。彼女はリコーダーに相当のめり込んでいて、先日も東京のすみだトリフォニーでの「ブリュッヘン×アヴデーエワ×18世紀オーケストラ」のコンサートまで出かけている。

「じゃっ、私が腕を取り戻すまで、もうちょっと待っててねっ!」「うん、いつでも美穂ちゃんが準備出来た時に!」と言ってバイバイまたね。

何で私が小学生の頃、バッハが好きだったかやっとわかった。単純に父がバロックが好きで、家でバロックのレコードがよくかかっていたからなのかも。今頃気付くなんて、何だか父の影響だと認めたくなくて、今まであんまり考えたことがなかったのかもしれない。よくわからないけど。

で、取りあえず始めやすいところでヘンデルのソナタをやることに。

父の持っているヘンデルのソナタ全集のレコードを聴きたいのだけど、何しろもうステレオが家にない。ピリオド楽器もレプリカではなく全てブリュッヘンやオックスフォード大学所蔵のオリジナル楽器だ。ううっ聴きたい。

やっぱり、写真も音もアナログが良い。質感が違う。生きている感じがするのだ。

だから、レコードで聴いてみたい。

スロージョギングⅠ。


今の私の仕事は体力作り。もともと仕事柄、昔から体を鍛えるのは日課となっていた。

音楽に縁のない人に、仕事の為にジムに行って筋トレしてると言うと「えっ何で!?スポーツ選手でもないのに。」とびっくりされる事がある。

クラシックギタリストは体力が要るのだ!

ここのところはウォーキングを続けていたのだけど、最近テレビで見た「スローウォーキング」というのを、ものは試しとやってみた。

節々の強化や体をしぼるのにも良いとか、太ももの筋肉を鍛えると上半身も自然と鍛えられていくとも聞いたので。

1回目は体が重くて、こりゃー続くかいね、と思いながらなんとか、15分がんばった。

で2回目、えっ?と思うほど心地よくて25分続いた。なんか、脳にも良い刺激があるのだそうで。脳も鍛えなきゃねっ。(!?)

きっと、それも含めていい感じだったのかもしれない。

なんか、これ、私に合ってるかも。しばらく続けよっと。

普通のジョギングをその名の通り、ちょっと遅すぎるかなというくらいのテンポでゆっくり、ゆ~っくり走るの。半歩ずつ進むような感じで。