2016年2月24日水曜日

Simon & Garfunkel - Scarborough Fair (Full Version) Lyrics




先日は珍しくピンクフロイドの動画をアップしました。私はどうしてもやはりロックというと、昔からブリティッシュ・ロックに惹かれます。

ロックがアイルランド民謡にルーツがある事はよく知られていることですよね。

高校生の頃からその事は知っていましたが、それを理論的に解明するところまではいきつかなかくやもやしていた時期を経て、15年ほど前にほんの少しアイリッシュ・ミュージックをかじったことがあります。それは何故アイルランド民謡が日本人にとって、懐かしさやあこがれを感じるのか知りたかったからです。

その一つに、まずは日本の歌には導音と主音の間が半音ではなく、全音になっていることが多いですよね。

実はアイルランド民謡にもこのような終わり方が多いのに気づきます。

例えば、一つの例ですが、皆さんよくご存知の「スカボローフェア」。これはドリア調で作られています。

最初の5つの音は短調なのですが、短調かと思いきや6番目の音が普通の短調より半音高いことで視線の先がどこを見ているのか遠い昔を思い起こすような独特な雰囲気を醸し出しています。この辺りが日本人にとって異国への憧れみたいなものを感じさせるのではないかと思いました。

少なくとも子供の頃にこの曲を初めて聴いた時に、最初は何か童謡か何かを思い起こさせるような古めかしい感じだと思っていたのが、その半音高くなる部分でちょっとした驚きがあり、その部分があるからこそ、この曲が好きだと当時感じたのです。そのときの事は今でも鮮明に覚えています。

要するにドリア調に限らず日本の音楽によくある五音音階と似た何かが欠けた音階だったり、あるいは導音を欠く音階だったりすることが、日本人にとって親しみやすいのかと。。。

2016年2月18日木曜日

Pink Floyd - "Us And Them"



今夜中の3時ですが、やっとデータ作りが終わりました。ホッとしています。

2016年2月8日月曜日

今日は・・・。


今夜はたまたまテレビで加山雄三さんの歌う「愛燦燦と」を聴いて感動しました。

特にこの歌に興味があったわけではなかったのですけど、加山さんが歌いだすとまるで別の曲のように聴こえてきて、あっという間に心がくぎ付けに。

こんな歌だったのかな?と思うほど、いつもの加山さんの爽やかさもほんのり漂い、どんな曲でも自分のものにしてしまうセンスと歌心がじんわり心に染み渡るようでした。小椋佳さんとも相性が良かったのだろうか。。。

数年前に東京で日野皓正クィンテットとジョイントした時の彼も、まるでジャズを元々歌っている人なのかと思うほど、エンターティナー性、スィング感覚、英語の発音すべて含めて本当に素晴らしかったことは忘れられません。

今夜はある仕事の作業が残っていたのですけど、しばらく余韻に浸りすぎて今日はもうこれでおしまい!!

今年はタケミツメモリアルですけど、私は武満徹さんの音楽はパリ時代に相当のめり込んで大好きな作曲家なのですが(生き方もポピュラリティーも著作も総合的に良いと思っています。)、彼のお父様は鹿児島の出身で薩摩藩士の出、加山雄三さんの先祖も薩摩藩士、そして私の父方も薩摩藩士。それから、もう一つ共通しているものがあります。

それは・・・ギター!音楽ファンなら周知のとおり、武満さんはギターが好きでギター作品を多数残していますし、ジャンルは違いますけど加山さんもギターを弾かれますよね。

他の分野でもこのような偶然てあるのですけど、彼らのルーツを知る前にファンになっているところが面白いところ。私は加山雄三さんのファンになったのは小学2~3年生の頃です。

音楽ってその方のDNAと生き方の凝縮なのだから、このような偶然があっても可笑しくないと思うのですけど、それにしても・・・

じーんせいーって~えええーふしぎーなものーですね~♪ ということなんでしょうか(笑)

加山さん、今日は感動をありがとう~(^^)/(ございます。)