2011年2月11日金曜日

ジョビンの音楽をあらためて考える。

今から8年ほど前のことだっただろうか、まだ私が鹿児島にいる頃に東京から来鹿した、あるジャズミュージシャン達のライヴに飛び入りで演奏したことがあった。

その時は真夏の奄美大島ということもあって、なんとなくイパネマの娘をサンバという解釈で熱く演奏し(笑)、ブラジル音楽の人前での演奏は初めてだったので、私としては、ただただ夢中で弾き終えただけでも満足だったのだが、どうしてしまったのか・・・???というほどお客様の反響が熱狂的だった。満月の夜だったからだろうか!?

そこまでは良かったのだが、その後メインのあるジャズミュージシャンに「ボサノヴァはさ~、あんなに激しく弾くものではなくて、もっとまったりしたタイム感覚で弾くものだよ!」と激しく指摘された。

一般的にはそうだよね。そんなことは百も承知だった。私は初めてボサノヴァを聴いて好きになったのはランドセルを背負ってした頃・・・小学生の頃からジャズもボサノヴァも聴いてきたし、それに関してのあらゆる書籍も読みあさったので彼の言うことはよくわかっていた。

しかし、そのジャズミュージシャンの初の奄美公演を楽しいままで過ごしてほしい、またはジャンルは違えど、先輩ミュージシャンをたてて言い返すことはしなかった。

10年程前からだろうか、東京へ出向いてブラジル人のミュージシャンのワークショップを何度か受けると彼らが必ず言うのが、イパネマに限らずボサノヴァと一般的に言われている曲を「それはボサノヴァではない、サンバなんだ。ジャズと融合していると言うけどそれは違う、僕らの音楽なんだ。サンバなんだよ。」とどんな人も強調することに気がついた。

ジャズのハーモニーやフランス近代音楽のボキャブラリーの影響は確かに見受けられるのだが、彼らが何故そこまでしてそのように言い張るのかということをあらためて考えてみたかった。何かそこには理屈ではない、日本人には、または外国人には解らない胸の内があるのではないか、と思った。

それが何かなのか知りたかったが、取りあえずサンバで(もちろんサンバ自体も本当にわかって弾いていたとは思わないが。)私なりに、彼らの気持ちに敬意を表して自分なりに挑戦してみたわけだった。

昨夜、やはり10年程前に買ったジョビンの伝記をまた読み返してみた。それはジャズに影響を受けているかどうかが疑問で読もうとしたわけではなかった。ただ以前読んだ際に一か所だけ飛ばして読んでない個所があるから漠然と手にとってみただけだった。

その項目はジャズピアニストの山下洋輔氏がジョビンに出会ったときの事が書かれているものだった。それはこういうものだった。

「記者会見が始まり、ジョビンに対して当然開口一番に、ジョビンの音楽とジャズの関係について質問があり、発せられたジョビンの言葉に非常に驚いた。ージャズはよく知らない。私は私の、ブラジルの音楽をやってきただけですー僕には彼がジャズから全然影響を受けなかったはずはないという感触がある、なのに何故彼はそんなに強い確信を持ってそう言い張るのか、解き明かしたいという気持ちになった。」

というものだった。ジョビンはその記者会見の時にイパネマを演奏し、なんのてらいも特別な工夫もない、ただその人がそこにいてその人の音楽をやっている。何物にも代えられない自分の世界だった。異様な感動をおぼえた。と山下氏は語っていた。

全く同じ事を思っていた山下洋輔さんの箇所だけ読んでいなかった事に10年間一人で考えさせられていた事に何か必然的なものを感じたりもした。新たなスタートとして今読むべき内容だったのだね。

続きはまた次回。。。明日は寒くなりそうですね。おやすみなさい。

2011年2月7日月曜日

ルーツ。

先日は近くに住む従妹の子供のお守をして留守を預かりました。意外と泣かないであらゆる玩具で一緒に遊び、子供の頃にギターの練習ばかりで余り遊んだ事のない私は童心に帰って子供と一緒に楽しく過ごしました。

親子で独学で気軽に楽しめるようにと、ウクレレと初心者用の教本をしばらく貸すことに。音楽は人の心を癒すし、親子なり友達同士なり、言葉でコミュニケーションするよりシンプルに人と人を繋ぐ役割をするのではないかという考えで。

実際、私も高校の時にアメリカへホームスティした時もヨーロッパへ音楽留学した時も、言葉がそんなにわからなくても、ギターの演奏一つで皆と打ち解け一機に盛り上がったものです。


私は子供の頃から演奏家として教育されてきているので、留学から帰ってきた当初、教えることは向かないのではないかと長年疑問に思っていた。しかしよくよく考えてみると、意外と教え好きで教えだすといくらでも人に教えていることに気づいたりする。

子供を教えることはもっと向かないのではと同時に思い込んでいたが、気がつくと結構子供達が周りにいたりするものだ。ヨーロッパにいる頃も、ギターとは関係のない場でフランス人、日本人共にお母様方が他人の私を信頼してくれて、子供達をよく預かったものだ。幼稚園や子供達だけの集まりでもギターを演奏しにいったものだった。

そして帰国した今でも子供達が自然と教室に集まってきている。小さい子供にはギターだけでなく、玄関での靴の揃え方やご挨拶など、ちょっとした礼儀作法まで教えてあげたりする。

ある本で自分の天職のことで悩んだら、先代が何をしていたかというルーツを見てみるとそこにヒントがある、という事が書かれていた。今までそのような事は余りに当たり前すぎて、あらためて考えた事がなかったが、よくよく考えてみたら父の家系は祖母の代から私の従姉達まで殆どが小学校、中学校、高校の教員だということを考えれば、なるほど、私が思いのほか教え好きで人を育てたりプロデュースすることが好きなのがうなずけた。自分のことは意外と気付かないものだ。

そんなに今まで悩むことはなく、自然なことをやっていたんだという事にやっと今になって気付きました。あ~長くかかったぁー!