2013年12月30日月曜日

こんなところでもアナログ。。。


 
 
毎年イギリスから必ず二人の友からクリスマスカードが届く。最近ではメールなどで新年のご挨拶をするパターンがあるけど、こうやってお店に行ってちゃんとカードを選び手書きでもらうと嬉しいものです♪
 
私ももちろん街へ出掛けカードを吟味して、家に帰って手書きで書いているとなんだかワクワクした気持ちになる。こういう感覚ってメールなどでは味わえないものですね。
 
編曲する時の楽譜だってそう。コンピューターでのやり方がわからないというのもあるけど、手書きのほうが手っ取り早いし、そしてまたワクワク感があります。
 
日本の別の友人たちも手書き派の人達がいて、ひょんなときにハガキが届いたり、暑中見舞いなんかが届いたりすると、スーッと目の前を心地よい風が通り過ぎたような気持ちになったりします。
 
デジタルはデジタルの良さがあって、それぞれ使い分けたら良いのですけど、
 
わたしはやっぱり、アナログが好き。
 
 


2013年12月27日金曜日

今年もお世話になりました。


 
 
今年も残り少なくなってきました。
 
 
沢山の方々にお世話になり、刺激的な日々を送らせていただきました。
 
ありがとうございました。来年はさらに良くなるように努力して参りたいと思っております。
 
 
みなさまも寒い季節、ご自愛くださいませ。
 
 

2013年12月23日月曜日

見えてきた。


ここのところ、段々とこれから何をやっていけば良いのかわかってきた。

既存の曲を演奏するということは、他人の歌を借りて作曲家の気持ちになって、あるいは解析したものを自分なりに消化させて、あるいはそれ以上の表現力を持って奏でることになるのですけど、生きていく為に好きな曲ばかりやっているわけにもいかず、他人の作った曲を演じることに空々しい気持ちになることがある。

でも、ギターを通して「曲との出遭い」という風に考えればそんな悶々とした気持ちも晴れるような気がする。曲があるからもちろん演奏が出来るのですけど、生きていく為に余り共感できない曲も弾かなければいけない、ことのほうが多い。

それを人との出遭いに当てはめてみたらどうだろうか。

好きな人物とだけ付き合っているわけにはいかなく、色んな人達との出遭いや繋がりがあって自分が成り立っていると思えば、それぞれに感謝する気持ちも湧いてくる。

話しは変わるけど、バッハさんだけは歌に違和感がないのですよね。全部しっくりきて、心の深い部分まで浸透していきます。

あと、あの人とあの方も。段々絞られてきました。やっぱり良い意味での職人になろう。

私は曲を中途半端な状態であれもこれもやるのは本当は好きじゃない。今まで周りの意見に左右され過ぎて素直に聴き過ぎてしまったかもしれない。

もちろん、ギターを勉強中の若者は一通り勉強すべきだし、全てを勉強することで、一つのことが見えてくるという事があるので。

上を見ればキリが無いけど、もうそろそろ決めよう。あと何年演奏家として活動出来るかということを考えると、そんな事を思うのです。


2013年12月21日土曜日

夢で作曲。


昔からよく「作曲はしないの?」と聞かれる。編曲はよくするけど、作曲はしないなぁ。。。

作曲みたいな編曲はすることがあるけど。


でも昔からよく夢の中で作曲をすることがよくある。しかもギターではなく他の楽器で。
例えばサックスでフリージャズぽかったり、ピアノで現代音楽風だったり。

こないだもお恥ずかしい話し、二度寝っていうやつをしてしまって、一度寝のときに「あ~さっきの曲なかなかいかしてる曲だったな。」と思って、また二度目のときにも目覚める瞬間に曲を作って、あら、これもいいね、なんてことがちょくちょくあります。

でも夢の中とか、目覚める瞬間とか眠りに入るときって「シータ波」のまどろみ状態なので、時間が経つとすぐに忘れてしまうのですね。いつも思うのだけど、何かお手軽なボイスレコーダーみたいなのを近くに置いて録音してしまえばいいのかもしれないですけど。

起きているときは、よくお風呂に入ってリラックスしているときに良いアイデアが浮かぶ人がいるけど、私の場合はお風呂に入ることに集中しているので、それは曲に限らず何も浮かんでこないのですね。曲がいくらでもどんどん出てくるのは、ふと自分の部屋から外を眺めている時とか、デスクで何か仕事をしているときとか、そんなときでしょうか。そんな時は今度は「アルファ波」なんでしょうね。

これはもう高校生の頃からずーっとあるのだけど、今まで何故これを活かして作曲しなかったのか、もったいないなと思うことがあります。

そこで、もっと積極的に少しずつでも作曲に取りかかったら良いのではと、最近真剣に考えてみましたが、それでもやはり試みようとはしなく、ただ時が過ぎていくままです。何でかなぁ

なんとなく思うに、理由の一つに、演奏することに気持ちが集中しすぎたり、頭のスィッチが切り替わらなかったりするからではと思うのです。

昔の人はいいなと思います。バロックの時代はルネッサンスとバロックだけで良かったし、古典の時代はバロックと古典だけで良かったかもしれないし、あるいは古典だけ演奏していたかもしれない。現代の人はもうルネッサンス~バロック~古典~ロマン派~近代~現代、ギターの場合はポピュラー的なことまで、それだけ奥が深くて楽しいのですけど、やる事いっぱい♪

きっと古典期に生まれていたら自作自演の演奏家になっていたかなぁ・・・?

曲が出てくるときは、凄まじい速さで流れてきます。一度も聴いたことのない音楽なのだし、何かのフレーズを真似たものでもないので、やっぱり作曲なのですよね。。。

楽曲分析しているときに、ふと思ったりします。こんな事やっている時間があったら、もう自分で作曲してしまおうかと思うことがあります。何だか人の作った曲を分析してどういう風に解釈して~なんてやっていると自分の行為がアホらしくく思えてくるのですよね~。作曲家の方達がアホらしいのではなく、自分の行為が、ということです。アナリーゼしていくうちに何だか空々しい気持ちになるというニュアンスが分る人が日本にどれくらいいるのだろうか。楽曲分析をするのは当たり前で、それが悪いと言っているのとも違います。

これは演奏家でやってきた者の弱みであり、素晴らしさであったりもするのですけど。今ベストを尽くせるのは作曲した人の想像を超えるような表現力で演奏することでしょうか。。。

ただ、そんなもやもやした悩みを払拭する作曲家が一人います。

それはバッハです。

どんなに作曲する力があっても、この方には敵わないからです。
だからバッハのアナリーゼは例え弾かなくても、楽しいものです。





2013年12月9日月曜日

やっぱりアナログ。


私は何でもアナログな世界が好き。

ネットだって本当は好きじゃない。でも仕事の為に仕方なく続けている。

音源も写真も映画もテレビも何もかもアナログがいい。


この世界から抜け出したいと思っているけど、そこまでする勇気のない自分が情けない。


コンピューターに疎いからと言って、「今どきめずらしいね。」という人がたまにいるけど、生き方の問題で、それをそこまで受け入れていないから、知ろうという気持ちが薄いのですよね。


世の中にアナログでは生活出来ないようにさせられているんだから、仕方ないもんね。

写真だってもう引き伸ばし機なんてないんだからさ。
 





2013年12月2日月曜日

今日は良い日でした。




今日は今年旅立たれた日本を代表する稲垣稔さんの門下生から、驚きましたけど嬉しいお話しを伺いました。それは自慢話のようになるのでこの場では書きませんけれど。

稲垣さんが、生前なぜ私の話しを全国各地でしていらっしゃったのか私にはわからない。

「稲垣さんが凄いギタリストなんだ。」と褒めてましたよ、と行くとこ行くとこで皆さんが教えてくださるのです。

凄いかどうかはわからないけれども、きっと想像するに稲垣さんはカッチリとした正統派のギタリストだったから、その正反対のはみ出す、アウトサイダー的なギタリストを過大評価してしまっただけじゃないのだろうか。。。

15年もの間、ついこないだまで言い続けてきた理由は何だったのだろうか。

ご本人に聞いてみたいと思ったときには、もういつの間にか星になってしまっていました。。。